紹介元:
  • プレイヤーズベストについて
  • プレイヤーズベスト編集室
  • オンラインカジノ・ブックメーカーを選ぶ基準はこれ!
  • ライター募集中
  • お問合せ
  • コンテンツ免責事項
  • アフィリエイト開示
  • 責任あるギャンブルのための当社の取り組み
  • 個人情報保護及びクッキー使用方針について
最高のスポーツベットサイト / News / Casino News / カジノ法案(IR)基本方針、コロナ禍で番狂わせ!?

カジノ法案(IR)基本方針、コロナ禍で番狂わせ!?

公開日: 09.03.2022

シンガポールやマカオに続け!と日本の景気・雇用対策として期待がかかる統合 型 リゾート計画。IR整備推進法案、通称カジノ法案が2016年に可決されて以来、賛否両論あり何かとメディアで目にする機会は多いのではないでしょうか。そんな中、想定外の新型コロナウイルス蔓延の大きな影響を受け、東京オリンピックも延期となるなどカジノ法案も例外ではありません。2021年にはブックメーカーの日本での合法化に関する協議がなされるなど、業界内では静かなざわめきが起こっています。常に目が離せない!そんな2022年のカジノ法案の最新情報をまとめてみました。

手っ取り早くおすすめカジノのチェックならこちら!

Stake
1.
Favicon
4.6/5
200% 最大 $2000
MuchBetter
Bitcoin
Litecoin
Curacao
公式サイトへ
T&Cを適用、18歳以上
BC.GAME
2.
Favicon
4.6/5
300% 最大 $20000
Bitcoin
Litecoin
Ethereum
Curacao
公式サイトへ
T&Cを適用、18歳以上
Casino Days
3.
Favicon
4.5/5
100% 最大 $500 + 50 フリースピン
Payz
MuchBetter
IWallet
Curacao
公式サイトへ
T&Cを適用、18歳以上
Vera&John
4.
Favicon
4.5/5
100% 最大 $500
Payz
MuchBetter
IWallet
Curacao
公式サイトへ
T&Cを適用、18歳以上
BeeBet
5.
Favicon
4.5/5
最大 $30 入金不要
Payz
MuchBetter
Bitcoin
Curacao
公式サイトへ
T&Cを適用、18歳以上

プレイヤーズベスト注目!カジノはいつ開業予定?

コロナ禍によりir 推進 法案の足並みが狂い、自治体の整備計画情報、申請期間が10月~2022年4月にずれ込むことに……。最大3か所の整備区域選定後の開業は2021年後半に延期となっていましたが、蓋を開けてみれば2022年3月現在でもまだ候補地の正式決定もなされていない状態!建設期間なども含めると、そんな事ではカジノ開業は数年越しの夢となりそうです。またこの候補地については、政府がIRを設置できる自治体を日本国内で3箇所に絞る事となっています。

ir 推進 法案、候補地の決定は2022に!

そこで有力候補とされているのはまず大阪。日本第二の都市、また土地柄ギャンブルが似合いそうだと思うのは私の偏見でしょうか。その他にも東京お台場、長崎、パチンコの聖地愛知名古屋なども候補地として名乗りを上げています。2021年までは横浜も有力候補とされていましたが、IR誘致反対派の市長に変わってからはこの表明を撤回しています。

カジノ開業の目安は?2022年中には無理?

そもそも当初は東京オリンピックに合わせて協議が進められていたカジノ法案。オリンピックに合わせてカジノを含む大型統合施設をオープンし、外国人観光客の誘致や雇用の創出を見込んだ景気対策の一環として始まったものでした。ですがまさかのコロナウィルスの蔓延により、そもそもの東京オリンピック2021に延期。そして延期開催されたものの無観客試合も多く、とても観光客向けの産業に力を入れられない状態となってしまいました。

このような事情もあり、ir 推進 法案は当初の予定から何度も延期せざる得なかったのです。当初は大阪万博に合わせた2025年とも言われていた統合 型 リゾートですが、現状ではかなり厳しい状態となっています。

カジノを含む統合 型 リゾートはパチンコの脅威!?

ただでさえカジノ禍の逆風で辛酸を嘗めさせられているパチンコです。カジノがオープンしちゃうと、ますますパチンコ業界にとっては苦境になると考える方も多いでしょう。しかし話はそこまで単純なものではないようです。パチンコ業界の方の見込みとしては、パチンコは日本人や近隣住民を中心としたリピーター顧客向けの賭博であり、カジノの狙う商圏とは住み分けられると考えられています。それよりもパチンコ業界の脅威は、出掛けずスマホ1つで気軽にできるオンラインだと言っていいでしょう。

スマホ1つで家でも出先でも気軽にカジノ体験!

コロナ禍で様々な産業が明暗を分けた事は言うまでもないですが、そんな中で着実に日本人の中で認知度が高まったものの1つとしてオンラインカジノが上げられるでしょう。オンラインカジノというと単純にスロットやゲームを想像する人が多いと思いますが、最近はライブカジノに力を入れているサイトも多いようです。

BeeBet

ビーベットといえば、スポーツベットのイメージですが、実はスロットも大人気です。決済方法も銀行送金、ビットコイン、電子決済サービスと徐々に増え、とても使いやすくなりました。スポーツもですが、カジノ用にも入金不要ボーナスがあります。当サイト経由で登録するとスポーツベット用は10ドル、カジノ用は30ドルがもらえます。登録時にはスポーツ「10SPORTS」、カジノ「30CASINO」というボーナスコードを入力してください。

beebet ボーナス ボーナス 公式サイトへ

ライブハウスカジノ

その名の通り、ライブゲームが売りのオンラインカジノ。美男美女ディーラーとリアルタイムでベットが楽しめちゃうと評判です。

カジノ ボーナス
4.4/5
Live Casino House
カジノ ボーナス
4.4/5
200% 最大 $50
入金ボーナス
|
T&Cを適用、18歳以上
Live Casino Houseに行く
ボーナスをゲット

カスモカジノ

サイトに行くとカスモくんがお出迎え!365日の日本語対応サポートで安心。トーナメントやジャックポット、もちろんライブカジノテーブルも充実してます。

ロイヤルベガス

充実のゲーム数と、まるでラスベガスにいるようなリアルなライブカジノゲームが楽しめちゃうオンラインカジノ。日本限定ロイヤルティポイントも見逃せない!

カジノ ボーナス
4.2/5
Royal Vegas Casino
カジノ ボーナス
4.2/5
100% 最大 30000¥
入金ボーナス
|
T&Cを適用、18歳以上
Royal Vegas Casinoに行く
ボーナスをゲット

プレイヤーズベストはこう読む!有力カジノ候補地は?

インバウンド促進の起爆剤になる統合型リゾート候補地は、北海道や千葉などの誘致撤退があり、2022年現在の有力候補は大阪と長崎となっています。25年の万博とセット売りしたい大阪にとって、コロナ禍による開業遅延は痛いところ。なおお台場は他都市に比べ、一歩出遅れた感は否めずプレイヤーズベストライター陣もそっと見守るしかありません。このページでは最新情報が入り次第更新していきますので、ブックメーカー&オンラインカジノ ニュースなどに情報アンテナを張っておきましょう!

beebet 今すぐプレイ
注目のボーナス
プレイオジョ   BC.Game   ミスティーノ   ステークカジノ
上位スポーツブックサイト
上位スポーツブックボーナス
BC.GAME
BC.GAME ボーナス
300% 最大 $20000
T&Cを適用
4.6/5
BeeBet
BeeBet ボーナス
最大 $10 入金不要
T&Cを適用
4.6/5
Vulkan.bet
Vulkan.bet ボーナス
100% 最大 5000¥
T&Cを適用
4.5/5
GG.Bet
GG.Bet ボーナス
100% 最大 5000¥
T&Cを適用
4.5/5
Stake
Stake ボーナス
200% 最大 $2000
T&Cを適用
4.5/5

当サイトは世界各国にお住いの日本語利用者を対象に情報を提供しています。ご利用は18歳以上が対象です。 ギャンブル依存症でお困りの方は消費者庁提供の各種支援情報をご活用ください。

18+eCOGRACloudflareSSLco² neutral
閉じる
BeeBet Bonus Offer
公式サイトへ
×
ボーナスコード:
のボーナスオファーは既に別のブラウザ画面で開かれています。開いていない場合は次のリンクをクリックしてください:
ゲームプロバイダーに行く