100回目の凱旋門賞!歴史的な祭典で勝利するのは?

世界最高峰の競馬レース、凱旋門賞。ヨーロッパの競馬主要国であるフランスで開催されるこの大会は、競馬界でもっとも権威的な大会です。芝2400メートルと中長距離のレーズで、スピードだけでなくスタミナも要求されます。

凱旋門賞は、今年で100回目を迎えます。凱旋門賞 ブックメーカーでも、注目度の高いレース。記念すべき大会で、覇権を握るのはどの馬でしょうか。日本からは、2頭の馬が出走します。日本馬はこれまでも凱旋門賞に出走してきましたが、100年を超える歴史の中で1位を勝ち取ったことはまだありません。世界最高峰の舞台を、日本馬は制することができるのでしょうか。宇宙規模の大レースでの勝利を、おすすめブックメーカーウィリアムヒルであなたも狙ってみませんか?

パリ凱旋門賞レースを観戦

パリ凱旋門賞レースを観戦

世界最高の舞台・凱旋門賞

イギリスダービーやキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスと並び「欧州3冠」の一つに数えられる凱旋門賞。1920年にパリ大賞典に匹敵するレース創設を目指し誕生した、国際競争です。その目標通り、現在では世界最高峰の舞台として、多くのホースマンが注目しています。

凱旋門賞は、ヨーロッパでの競馬シーズンの終盤に開催されるので、その年のヨーロッパ各地で活躍した名馬が出走するヨーロッパ王者決定戦として位置付けられています。優勝賞金は285万7000ユーロで、日本円にすると約3億7000万円にも上ります。

94/100
評価
William Hill ハイライト
  • オファーが多数
  • マーケットの種類が多い
  • 日本の種目にベット可能
William Hillに行く

今年の日本馬はどこまでいけるのか?

毎年、日本からも選りすぐりの名馬が出場していますが、いまだに一着を勝ち取ったことはありません。日本調教馬による初のヨーロッパのチャンピオンディスタンスのG1制覇を飾った、エルコンドルパサー。規格外のポテンシャルで日本競馬界を席巻したスーパーホース、オルフェーブル。そして、日本で社会現象を起こしたほどの圧倒的強さを誇った、ディープインパクトでさえ、凱旋門賞を制することはできませんでした。日本競馬界の悲願を、今年こそ達成する馬は現れるでしょうか。

クロノジェネシス

今年の日本馬も、精鋭2頭が出場します。まず1頭目のクロノジェネシスは、日本のグランプリレースを3連勝中と絶好調です。2頭目のディープポンドは、日本調教馬として3頭目のフォワ賞を制したほどの名馬です。

凱旋門賞はアダイヤーが圧倒!?

アダイヤーは、昨年10月にデビューしたばかりで、今年の英ダービーまでわずか1勝しかあげてない馬でした。しかし英ダービーでこの1勝馬は覚醒し、01年のガリレオ以来となる英ダービー、キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスの同年制覇を達成しました。今年圧倒的な戦績で駆け抜けたアダイヤーは、凱旋門賞でも台風の目となるでしょう。凱旋門賞 ブックメーカー オッズでも一番注目されている馬です。

世界最高の競馬の祭典に参加しよう!

100回目の歴史的なこの一戦を、見逃すのはかなりの大損ですね。ただ観戦するだけでなくベットも行えば、より緊張感と臨場感を味わえること間違いなし!凱旋門賞でベッティングするならウィリアムヒルがおすすめです。老舗のブックメーカーで機能や安全性も充実し、日本語対応のサイトなので安心してベットに専念できます。凱旋門賞は、ウィリアムヒルを使って楽しむので決まりですね!

22BET
97/100
22BET レビュー
100% まで 16000¥
プロバイダーに行く
Bet365
95/100
Bet365 レビュー
100% まで 7000¥
プロバイダーに行く
William Hill
94/100
William Hill レビュー
100% まで $100
プロバイダーに行く
今月のお薦めブックメーカー
上位スポーツブックサイト
上位スポーツブックボーナス
トップへ移動
閉じる
×
ボーナスコード:
ボーナスオファーは既に別ウインドウに表示されています。もし表示されていない場合は下記のリンクをクリックしてください。
ゲームプロバイダーに行く